スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エンコーダカウントされない? 

今日はエンコーダを機体につけるための部品を作成しました。

プーリーの穴の内径が5ミリであるのに対し、

エンコーダの軸は1.5ミリと中途半端だったので、

その隙間をうめるための、部品を旋盤で加工してつくりました。

それとエンコーダを機体につける部品を作ったのですが、

結局、エンコーダの固定するための穴が、

これまた1.6ミリと微妙であったので、

1.6ミリのネジが部室になかったので、

取り付けることはできませんでした。

このエンコーダは何でこんな微妙な寸法なんだ!?

もうちょっと切りのいい数字にしてほしいものです。

このエンコーダは正弦波がでるので、

正弦波をデジタル信号に直す回路を基板に載せてあるんですが、

それが、なんかカウントされてないっぽいです。

回路間違ったのかな。マイコンカーラリーの回路と同じように

作ったんですけど。

まあ、今日は疲れたので明日調べることにしました。

あと、センサ基板だけが残っています。

アナログか、デジタルか、悩むところですが、

まずは簡単なデジタルから制御して行きたいと思います。

デジタルセンサに限界を感じたらアナログにするつもりですが、

調整などが、大変そうで、どうも使う気にならないんですよね。

でも、いつかやってみたいな~。

機体重量は500グラム、切りそうにないです。

今の時点でもう540グラムになっちゃってます。
CIMG0462.jpg


少し肉抜きするところがありますが、

したところで、それほどの軽量化は望めないと思います。

基板だけで、100グラム行っちゃいますから仕方ないかな。

やっぱしH8-3052では重いし、でかいから、

ライントレース競技には、向いていないのかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2006/04/25 23:21 ] ロボトレース | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。