スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

座標を使った制御 

今日は壁がなくてもマウスが迷路状を走れるように、
マウスの座標制御をしました。
座標制御はマウスの左右の回転差をとり、
それをもとにマウスの姿勢角度を求めて、
現在のマウスの速度のx成分とy成分を求めて、
それを随時足していくとx軸とy軸の座標がわかります。
精度が悪いかなと思いましたが、結構いい感じに
XY座標の値が求まっています。

これによりマウス自体がどこにいるのかがわかり、
壁補正なしでもある程度走れるようになるはずです。
でもまだ今の走行関数に座標補正を入れてないので、
使えるのかわかりませんが・・。
明日やってみよう。
スポンサーサイト
[ 2006/09/26 03:26 ] マイクロマウス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roboroboblog.blog61.fc2.com/tb.php/101-7f7cda17








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。