スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

どのぐらいの吸引力が必要か 

最近は吸引機構を実験しています。
どのぐらいの吸引力を目指したらいいのかよくわからなくて、困ってます。
そもそも、吸引をする意味は下向きの力を増やし、
タイヤのグリップをよくすることにあります。
つまり、その機体の最大加速度と最大旋回速度を上げることを目標としています。
タイヤの摩擦係数、機体の重量、モータの最大トルク、吸引加重などを使って、
タイヤが滑らない状態での最大加速度を求められそうです。

ちなみに今日実験したファンの吸引力は1kgちょっと。
やはりもっと回転数の高いモータを使うべきなのかな。
しかし、電流を流しすぎて、ワニグチから煙が上がったときは驚いたよ…。



スポンサーサイト
[ 2007/01/17 22:26 ] NHKロボコン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roboroboblog.blog61.fc2.com/tb.php/165-a18e226b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。