スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お久しぶりです 

久しぶりに更新です。
最近研究室で夜遅くまで研究してて、ロボット作ってません。すみません(汗)
研究室の方でもマイコン関係のことをやってて、PICを今使ってます。
なんでPICなのかは研究室の先輩が使っててライタがあったから。
それだけですw
別にAVRとかSHでもいいんですけどね。
コンパイラも無料のやつ使ってます。
PICをbluetoothモジュールとかをつかって無線でパソコンと通信してたりしてます。
[ 2008/10/03 01:56 ] 研究室 | TB(0) | CM(0)

大学院試験まであと1週間 

久しぶりの更新です。
一週間後に院の試験があります。
自分が希望する専攻は倍率が結構高く、受かるかどうかちょっと心配です。
たとえ受かったとしても今の研究室にいれるんだろうか。
先生いわく、成績が高い方を優先に研究室に入れるので、
自分の今いる研究室を希望する人が、他大学またはこの大学に
たくさんいる場合はちょっと厳しいんですよ。
まぁ良い成績を取れば良いだけの話です。
落ちたら本当にやばいのでとりあえず頑張ります。

ロボトレースどうしよかな~
[ 2008/08/15 02:37 ] 研究室 | TB(0) | CM(0)

ようやく完成 

今週の木曜日までに動かしてその動画をとらなければならなかった可変スロープ機構がようやく動いてくれました.
これは先輩のプロジェクトなんですけど,自分が結構手伝いました.
回路とか配線方法は自分が設計し,半田付けも結構やったので大変でした.
モータがちゃんと動いてくれるまで,たくさんの問題を解決しなければなりませんでした.
何せサーボアンプとかD/Aコンバータとか使うのが初めてでしたから,
これを完成させるまでにロボコンの顧問の先生に何度も質問する羽目になりました.
でもちゃんと動いたときはロボコンと同じで感動ものですね.

今日は先輩の手伝いで研究室で徹夜してたのでめちゃ眠たいです.
ロボコン経験してるのでこんなの普通ですけどね.
[ 2008/06/06 11:06 ] 研究室 | TB(0) | CM(0)

フォトセンサ回路 

R0011052.jpg
可変スロープ機構の安全装置として上下のリミット用にフォトセンサをつける予定なんですけど、
そのフォトセンサ用の回路が完成しました。
この回路のなかにはフリップフロップとか使われてますが、
まあ簡単な回路です。
仕様としてはリミットになると電源を切り、
一度リミットになったらスイッチを押さない限り電源が復帰しないというものです。
安全のための回路ですね。
[ 2008/05/23 21:41 ] 研究室 | TB(0) | CM(1)

可変スロープ 

研究で可変スロープ機構を先輩が作ってるんですけど、
今はそれの手伝いみたいなことしています。
回路について詳しい人が研究室にいないので、
自分が回路と配線の担当になりました。
でもロボコンの回路は少しわかりますが、
市販品のアンプの使い方なんてわかりませんよ。
まぁ他の研究室の先生とかに聞いていろいろやってみます。
いろいろ問題点や疑問点があるんですけど、一つずつ解決していきたいと思います。

今日アンプやエンコーダカウンタボードとかの使い方を調べてたら、
インクリメントエンコーダの出力方式が2つあるってことを知りました。
簡単なオープンコレクタ出力と、差動出力ってのがあるみたいで、
差動出力の方がノイズに強いらしいですよ。
オープンコレクタ出力は普通にロボコンとかで知ってるんですけど、
差動出力は知りませんでした。
[ 2008/05/23 01:29 ] 研究室 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。